• ホーム
  • 中古ドメインの勉強ならボーダフォン対策は必須

中古ドメインの勉強ならボーダフォン対策は必須

中古ドメインを活用しようとさまざまなテクニックを勉強しようとする方が増えていますが、重要なポイントとしてスマートフォンなどの通信キャリアメールへの対応があります。
通信キャリアのメールは利用者が多数いるだけではなく、厳しいフィルタリングシステムがあることが分かっています。
フィルタリングシステムはメールを振り分け、殆どの外部からのメールをスパム扱いし、最悪捨ててしまいます。
しかし、中古ドメインの中にはフィルタリングを越えるような古いドメインも数多くあり、購入する際のポイントとなっています。
通信販売業者などは特に注目しているテクニックであり、価格が高くても利用する業者が後を絶ちません。
中古ドメインの効能としてはウェブサイトの価値も重要です。

ウェブサイトの価値とは主に2つあり、1つは検索サイトでの評価、もう1つはバックリンクです。
検索サイトからの評価についてはインデックスをみることでわかります。
インデックスは検索サイトでドメイン検索をしてチェックします。
ドメイン検索の結果はインデックスとして表示されるのですが、インデックスの数が少なければウェブサイトとして価値が少ないと判断され、また、インデックスの中身を見ることでキーワードやカテゴリが判断できることになります。
これらの情報はサテライトサイトでもメインサイトでも重要なコンテンツの指針となり、中古ドメインを活用するための重要なポイントでもあります。

バックリンクも重要です。
バックリンクについては主にSNSや口コミサイト、ディレクトリサービスからのリンクが多いかをチェックします。
チェックツールも多数登場しているので購入前にしっかり数をチェックしておきたいものです。