• ホーム
  • 中古ドメインの測定方法と移行の注意点

中古ドメインの測定方法と移行の注意点

中古ドメインを選ぶ際、調査をして使えるか測定しておく必要があります。
中古ドメインの利用にあたってはウェブサイトでの運用が多いのですが、新規に作る場合は前ウェブサイトの情報が重要となります。
前ウェブサイトについてはカテゴリ、キーワードの選定が大事です。
カテゴリについては検索サイトでドメイン検索をすることでチェックできます。
ドメイン検索をするとインデックスがわかりますが、インデックスの数が多ければ質の高いウェブサイトであったことがわかりますし、インデックスの中身を見てキーワードを探しておけば検索サイトがどのようにウェブサイトを見ていたかが分かります。
これらの情報はウェブサイト構築の重要なポイントとなります。

中古ドメインを選んだら新規ウェブサイトに適用したり、今のコンテンツを移行することになります。
以降にあたってはタイミングとリンク切れの確認が大事です。
特にリンク切れはインデックスを活かせませんし、バックリンクも死んでしまいます。
バックリンクについては各SNSでのドメイン検索で大体把握できます。
リンクの数が多い場合はリツイートなどの拡散されているリンクを調査します。

リンクではパスの状態が大事です。
多くの場合、CMSで自動付加されたリンクとなっている場合が多く、CMSの設定調整で対応しやすいのですが、絶対パスで書かれている場合などリンクを手動で作成する必要があるケースも多いです。
拡散されていたり、フォロワー数が多いユーザが作ったリンクなどは絶対パスであっても対応しておくことが大事です。
CMSによってはプラグインでリンク切れをしない対策もありますが、基本的にはリンクを作って対応することが多いです。